アドバイザー
アドバイザー

柿崎 治三郎写真
アドバイザー
柿崎 治三郎
元全日本芸能事業者協会会長
現全日本芸能事業者協会相談役

未来のスターへの夢と希望を持って、本校へ入学される皆さんの「夢」が現実のものとなるように各界のすばらしい講師の皆様にご協力をいただき、あなたをサポートさせていただきます。ただ、デビューへの道はそんなに簡単なものではありません。しかし、皆さんの情熱とやる気があれば、必ず成功への道は開けます。「夢を夢で終わらせない情熱!」この言葉を心に刻み、日々の研鑚に励んでください。

【プロフィール】
昭和32年日本芸能社入社、昭和36年日本芸能社退社、昭和36年東京セブン芸能社入社、昭和41年東京セブン芸能社退社後、昭和41年12月にカキザキプロダクションを設立。昭和45年 労働大臣許可を受け株式会社カキザキプロダクションとして法人設立し現在に至る。株式会社カキザキプロダクションを設立後は、数々の芸能人のマネジメント、企画、イベントなどを提供している。その実績を評価され昭和48年には、全日本芸能事業者協会の理事に就任。平成6年より同協会の会長に就任。平成18年より同協会相談役に就任し現在に至る。
俳優コース
俳優コース講師
山口 美砂写真
主任講師
山口 美砂

<俳優・声優>
同志社大学文学部卒業後、「円・演劇研究所」に四年間在籍し、全課程を修了する。小劇場を中心に、多数の舞台に出演。その他、商業演劇、ミュージカル、日本舞踊公演等にも出演。その後、プロデュース、演出も手がける他、広く後進の指導にもあたっている。
【主な出演作品】
U・P CLUB「ラン・フォー・ユア・ワイフ」ザ・スズナリ、木山事務所プロデュース「夏の夜の夢」グローブ座、劇団道学先生「今夜お邪魔します」シアターTOPS、FOCOプロデュース「血のつながり」劇場MOMO、WAKUプロデュース「home.2005」シアターVアカサカ 他全作品、Kart Neoプロジェクト「モンマルトルのカフェで」劇場MOMO、「陽だまりの詩」萬スタジオ。
【主な演出作品】
倉田プロモーションプロデュース「Big Army」、座☆スティング「とうもろこし」、カートプロモーションプロデュース「S〜君がいる奇跡」、Kart Neoプロジェクト「ラーメン物語」。
【主な講師歴】
東京アニメーター学院(タレント声優科)、倉田プロモーション、K'sファクトリー、創造学園大学芸術学部

前田 耕陽写真
講師
前田 耕陽

<俳優>
【主な受賞歴】
1988年第十回、横浜映画祭・ 新人賞受賞(ロックよ静かに流れよ)1988年日本レコード大賞・最優秀新人賞(Daybreak)、優秀アルバム賞(男闘呼組 )、1999 年日本レコード大賞・金賞(Timezone)、優秀アルバム賞(男闘呼組二枚目)
【TV】
君の瞳に恋してる(CX)、刑事貴族3(NTV)、蔵(NHK)、すずらん(NHK)、李香蘭(テレビ東京)等
【映画】
いとしのエリー、ロックよ静かに流れよ、つるもく独身寮等
【舞台】
HAPPY MAN さよなら龍馬(劇団M.O.P 紀伊国屋劇場)、Dammy(自転車キンクリート 紀伊国屋劇場)、ゴールド家のたそがれ(PARCO劇場)、スラブボーイズ(PARCO 劇場)、銭形平次(明治座)、友情(シアターV赤坂)、帰ってきた蛍(草月ホール)2009年、自身のプロデュース ユニットTEAM54 Produce 旗揚げ

詩乃 優花写真
講師
詩乃 優花

<俳優・声優>
1984年3月宝塚音楽学校卒業後、宝塚歌劇団に入学。雪組公演「風と共に去りぬ」にて初舞台。同年5月、花組に所属。1998年10月「SPEAKEASY(三文オペラ)」東京公演にて退団。
【在団中の主な出演】
「ベルサイユのバラ」ロザリー役、「たけくらべ」樋口一葉役、「風と共に去りぬ」ベル・ワトリング役、「SPEAKEASY(三文オペラ)」ジェニー・ダイバー役、「MIKI in BUDOKAN」日本武道館、NY公演「ラジオ シティミュージックホール」「ジェイス・シアター」。
【主な出演】
ミュージカル「ワルツが聞こえる」(アートスフィア)、ミュージカル「葉っぱのフレディ」(東京グローブ座)、「大月みやこ・颯爽公演−浪速繁盛期」(新宿コマ劇場)、五木ひろし「40周年記念公演」(新歌舞伎座)、
【TV】
正月ドラマ「愛と青春の宝塚」(フジテレビ)。
【声優】
アニメ「おジャ魔女どれみ」春風はるか役、ラジオCM「チョコレートハウス・モンロワール」ナレーション、アニメ「甲虫王者ムシキング」ピア役、アニメ「パワ・パフ・ガールズ」ママ役、アニメ「キャシャーン Sins」 他多数。

大槻 修治写真
講師
大槻 修治

<俳優>
日本大学文理学部を中退後、演劇の世界に入る。劇団旗揚げに4回参加する。自劇団、客演を含め、小劇場を中心に、多くの舞台に出演。また、演出・舞台美術・舞台監督として、多くの劇団、集団、プロデュースに参加する。1985年ごろから、映画、テレビ等の映像の世界を中心に活動する。
【主な出演作品】
[映画]北野武監督「HANA-BI」、「菊次郎の夏」、「座頭市」、「アキレスと亀」、阪本順治監督「愚か者」・「亡国のイージス」、瀬々敬久監督「DOG STAR」、「感染列島」、行定勲監督「パレード」、堤幸彦監督「20世紀少年」、根岸吉太郎監督「ヴィヨンの妻」、塚本晋也監督「六月の蛇」、金子修介監督「デスノート」、奥田瑛二監督「るにん」、熊井啓監督「海は見ていた」、フランス映画「INJU」、韓国映画「力道山」、竹本直美監督「明日の帰り路」主役 他多数。[TV]「相棒7―17話」テレビ朝日、「CHANGE」フジテレビ「ロト6で3億2千万当てた男」、テレビ朝日「オトコマエ」、NHK「1ポンドの福音」日本テレビ・「女帝」テレビ朝日・「イヌゴエ」ゲスト主役・「マイボス・マイヒーロー」日本テレビ他多数。[Vシネマ]《麻雀創世記》「打天使」他多数。[CM]焼酎「しろ」・「au」・「NTT」 他多数

桐山 ゆみ写真
講師
桐山 ゆみ

<俳優・声優>
1979年東宝現代劇付属養成所卒業後、田中事務所所属。TV女優として活動。1990年ニューヨークにて演劇就学(HBスタジオにて)帰国後、声の事務所に移り、名前も現在の桐山ゆみに変え、TVキャスター、司会、レポーター業を中心に活動する傍ら、東京宝映テレビにて演技講師を務める。1997年座☆スティングという劇団を設立後は、小劇場に活動の中心を移し、映像、声優、朗読など、活動の幅を広げる。現在は、ケンユウオフィス所属にて声優の仕事。フリーで横浜夢語りなど朗読ステージ活動、映像の仕事をする。舞台活動はぐる〜ぷSTINGという集団を主宰して、出演の他、脚本、演出もする。ペンネームは樹山梨於(きやま りお)。
【TVドラマ】
「特捜最前線」「必殺仕事人」「幸せの黄色いハンカチ」「太陽にほえろ!」「怖い日曜日」「ビッグ・ウィング」「虹色定期便」「ドリーム」。
【TV】
「特選ぶらり旅」「笑顔がいちばん」「金曜テレビの星」「TVグラフィック42番街」
【映画】
「完全なる飼育」
【ラジオ】
「週刊!競馬タックル」(JORF)
【CM】
「郵便貯金」「沢の鶴」「フレンドリーワールドショッピング」「藤沢薬品」「NTTドコモ」「トヨタホーム」
【舞台】
蜷川幸雄演出「ノートルダム・ド・パリ」増見利清演出「裸の大将放浪記」賀原夏子演出「ノーセックス・プリーズ」オペレッタ「春のパレード」座☆スティング公演「ヴァニティーズ」「スティング」「眠れぬ夜の子守唄」「忘却‐忘れゆく者たちへ‐」「結婚のススメ」
【演出作品】
「離婚のススメ」「LEONな夜」「陽だまりの詩」
【執筆作品】
「三年三日でネコまんま」「Can Be」「ジャングルジム タンク」「忘却」「クラムド キッチン」
【声優】
「ザ・ソプラノズ」「アイルランド」「星に願いを」「印象派 若きモネと巨匠たち」「ER 緊急救命室」「靴に恋して」「Lost in Translation」「ガス灯」
【朗読】
Feel the Fantasy絵本の国へ(BSQR)、朗読&音楽ライブ「横濱夢語り」

高瀬 アラタ写真
講師
高瀬 アラタ

<俳優>
日本大学芸術学部映画学科卒業後、多くの自主映画制作に関わる中で、主演した映画「いつものように」が釜山国際映画祭をはじめ国内外で評価されたのをきっかけに本格的に俳優業の道へ進む。現在は映画をメインに俳優として活動中。
【主な出演作品】
けんもち聡 監督「いつものように」、けんもち聡 監督「ここに幸あり」、田尻裕司監督「孕み−HARAMI一白い恐怖」、松浦徹 監督「ギミー・ヘブン」、金子修介 監督「デスノート」、園子温 監督「エクステ」。

月 登写真
講師
月 登

<俳優・アクション>
【主な芸歴】
[TV]土曜ワイド劇場(七尾線の女)TV朝日、土曜ワイド劇場(長崎本線の女)TV朝日、「天使のように生きてみたい」TBS、金曜ドラマシアター「鍵」フジTV、「水戸黄門」TBS。[舞台]1989年 流浪伝説(銀座セゾン劇場)、1994年 東宝新春特別…初姿おんな鼠小僧(名鉄劇場)、1998年 あおい輝彦・芸能生活35周年記念公演(松竹劇場〜)、松竹名作劇場〜若様風来坊〜「仇役」(全国地方公演)、1998年 劇団夢現塾公演〜新撰組あと始末記〜(銀座博品館劇場)、1998年 小野ゆき子特別公演(全国地方公演)、1999年 竜小太郎新春特別公演(全国地方公演)、1999年 堤大二郎公演〜時代絵巻手原村秘聞〜(地方公演)、1999年 腕におぼえあり(明治座)、2001年 八代亜紀 千昌夫 二人のビックステージ(新宿コマ劇場)、2002年 八代亜紀 千昌夫 二人のビックステージ(梅田コマ劇場)、2004年 左とん平 あおい輝彦〜大江戸人情噺 奴と若様(名鉄ホール)、2004年 コロッケ特別公演(中日劇場)、2004年 コロッケ特別公演(新宿コマ劇場)、2006年 二代目はクリスチャン(草月ホール)、2006年 コロッケ納涼特別公演〜大当り!夫婦茶碗(中日劇場)。[東映Ⅴシネマ]1999年 新極道伝説〜三匹の竜Ⅱ〜、1999年 GETLUCK2。

澤 純子写真
講師
澤 純子

<俳優>
1986年〜劇団1980にて舞台活動。
最近の主な出演作品【舞台】
2007年/第4回鳥取県総合芸術文化祭『不届千萬忠臣蔵』作・演出:大和屋かほる/プロデューサー:柴田英杞、2008年/勝田演劇事務所プロデュースNO17『シチリアのライム』作・ルイージ・ピランデッロ/ 訳・演 出:勝 田 安 彦 、2 0 0 9 年/AtticTheater『ラブ・ダンディ』/脚本:金子裕、演出:黒川竹春
【映画】2008年『陰日向に咲く』監督:平川雄一朗、鳥取弁方言指導・出演、2008年『小森生活向上クラブ』監督:片嶋一貴、2009年『銀色の雨』/監督:鈴井貴之
【TV】『お昼のワイドショー』(NTV)、『永遠の君へ』31話・監督:牧時範(CX)、『赤い運命』監督:国元雅広(TBS)
【映画】『バナナシュート裁判』監督:佐藤闘介、『大往生』原作:永六輔、監督・脚本:藤田傅、『イエスタディワンスモア』監督:菅原浩志、『野次馬音楽隊』ショートフィルム、監督:伊藤正治、『非常ベル』監督:千田祥子(海外コンペ出品)、『タナカヒロシのすべて』監督:田中誠、『血と骨』監督:雀洋一、『オペレッタ狸御殿』監督:鈴木清順、『デスノート』後編、監督:金子修介
【ビデオ】『クリニカルカンファレンスセミナー中級編』、『ボーイッシュ・ジェネレーション』
【メディ・シネマ】『夕虹の光』監督:平林勇

ヴォーカル講師
ヴォーカルコース講師
布川 葉月写真
常勤講師
布川 葉月

<ヴォイトレ・ヴォーカル>
幼少よりミュージカル・舞台に出演。高校卒業後バンド活動を始める。現在、ヴォイストレーナーの活動と併行して声優・アイドルを中心とした楽曲にコーラス参加、ゲーム主題歌などを務める。藤田聖子氏、横山秀文氏にヴォイストレーニングを師事。絶対音感を活かしたピッチのトレーニングには定評がある。
【舞台】
「C company3」・「れとろぶろーどうぇい」・劇団麦主宰「私を棄てた女」・アップフロントミュージック主宰「FRIENDS」・シアタージャパン旗揚げ公演「Blue Plate Special」など。
【LIVE出演】
原宿RUIDO・新宿RUIDOK4・渋谷eggman・渋谷DeSeO・渋谷O-NESTなど。
【参加作品】
スフィア「Dangerous girls」コーラス、PS3「魔界戦記ディスガイア3 ラズベリル編」主題歌担当、PSP「アンティフォナの聖歌姫〜天使の楽譜 Op.A〜」ヴィオローネ役 歌唱担当など。

松田 レレ写真
講師
松田 レレ

<作詞・作曲・ヴォイトレ・ヴォーカル>
東邦音楽短期大学声楽科卒業後 TEDDY BEAR PRODUCTIONに入社。タイロン橋本氏のアシスタントとして多数の音楽製作に関わる。現在ヴォイストレーナーとして活動すると同時にスタジオミュージシャンとしても活動中。
【主なTV】CXミュージックフェア(現在レギュラー)、NHK素敵にショータイム、音楽夢クラブ。
【主なCM】サントリーBoss缶、サントリー純生、ゼクシー、宝島社、石丸電気等。
【音楽製作】ルミネ、JR東日本、TOYOTA、フットサル協会、全農等
【主な作品】日本唱歌集(クラウン)、ひまわり荘(徳間ジャパン)、RAVE(TBS)。
【参加ツアー】TO BE CONTINUED、吉田拓郎、JIVE。

女屋 哲郎写真
講師
女屋 哲郎

<ヴォイトレ>
4才の時からヴァイオリンをN響のヴィオラ奏者藤原経秋氏に師事、10才の時から指揮者、渡辺春海氏に師事、S47・東京音楽大学ピアノ科入学、志村安英氏に師事、伴奏法を三宅民規氏に師事、声楽科オペラコース修了、イタリア、ミラノ音楽院に学ぶ。フランチェスコ・アルバネーゼ、マリオ・マッティオッティ、ロゼッタ・エーリの各氏に師事。在学中、ペルゴレージ「奥様女中」のウベルト役でデビュー。その後、数多くのオペラ・ミュージカル公演に参加する。現在、二期会会員。大杉芸術学院音楽講師。品川音楽文化協会指揮者。また声楽の指導には、アマチュアからプロまで幅広く行っている。

桑原 恵子写真
講師
桑原 恵子

<ヴォイトレ・ヴォーカル>
愛媛県西条市出身。桐朋学園大学短期大学部芸術科音楽コース卒業。桐朋在学中、学園祭ののど自慢出演をきっかけに井口基成氏(当時学長)の推薦により、ヤマハヴォーカルタレントコースにも籍を置いた。桐朋卒業後はヤマハに入社しヴォーカルも続けつつポピュラーソングコンテスト推進業務及びヴォーカルタレントコースのディレクター業務を担当した。この間社員で結成していたバンドで産業音楽祭に出場し優勝。ヤマハ退社後一旦愛媛に戻り、1981年、サックスの西村昭夫氏らとプロとして音楽活動を始めた。この間四国各県のライヴハウスでの演奏、地元NHKTV、南海放送ラジオ等に出演。1984年、再び活動拠点を東京に移してからは沢山のミュージシャンとの共演を重ね、1998年からはBarBarBar音楽院、ノビミュージックスクール、及び朝日カルチャーでヴォーカルを教えることにも従事。2004年、ファーストアルバム『Anfang』リリース。

中村 春美写真
講師
中村 春美

<ヴォイトレ・ヴォーカル>
藤原歌劇団団員・日本演奏連盟会員・日伊協会会員・横浜オペラシティ会員・国際芸術連盟会員。国立音楽大学音楽科第1類を首席卒業 国立音楽大学大学院声楽専攻オペラコース修了、二期会オペラスタジオ研究生、文化庁芸術家国内研修員として研修、二期会オペラスタジオ修了、二期会会員となり演奏活動する、第28回日伊コンコルソ入賞、リクルートオペラスカラシップを得てイタリア・ミラノに留学、ミラノ近郊にてコンサートに出演。藤原歌劇団団員となり演奏活動を始める、2000年9月再度渡伊、2002年1月帰国、現在に至る。
【主な出演作品】
[オペラ]モーツアルト「フィガロの結婚」ケルピーノ役、「コシ・ファン・トゥッテ」ドラベッラ役、「イドメネオ」イダマンテ役(アンダースタディー)、ビゼー「カルメン」カルメン役・メルセデス役、パーセル「妖精の女王」ヘレナ役(バレリーナ森下洋子氏と競演)T.X放映、ヴェルディ「椿姫」フローラ役、プッチーニ「蝶々夫人」ケイト役、ベッリーニ「カプレティ家とモンテッキ家」ロメオ役(アンダースタディー)、ハイドン「無人島」主役コスタンツァ役(新国立劇場)、「泣いた赤鬼」、「春琴抄」、「お夏狂乱」など。また、合唱団として小澤征爾指揮の「さまよえるオランダ人」、「ファウストの劫罰」に参加。[コンサートなど]モーツァルト「レクイエム」、「戴冠ミサ」、ベートーヴェン「第九」のアルトソロ、読響「オーケストラハウス」T.X放映。

堀 信之写真
講師
堀 信之

<ヴォイトレ・ヴォーカル>
ミュージカル出演をきっかけに、亀渕友香&The Voices of Japanに加入、コンサート、TV・イベント出演、レコーディングの他にアレンジ、ステージ演出を担当する他、ニューヨーク、ニューオーリンズでのゴスペルワークショップに参加、NHK文化センターゴスペル講師、キッズコーラス講師の他に、テーマパークカウントダウンパレードダンサー、ラジオDJの活動も行う。現在はソロ・ボーカルとして活動中。亀渕友香氏、佐藤涼子氏にヴォイストレーニング、女屋哲郎氏に声楽を師事。

林 まきえ写真
講師
林 まきえ

<ヴォイトレ・ヴォーカル>
1982年 笈田敏夫&大給桜子トリオにてジャズシンガーとしてデビュー。1987年渡米。ロジャーラブ氏(アル ジャロウのボイストレーナー)に師事。1988年 ソウルオリンピック。1989年 中国北京、上海、香港、台湾にて演奏、日本テレビ『微笑女図鑑』北村英治カルテットと共演、ジャズフェスティバルin葉山出演。1990年 中京テレビ『第1回日野皓正めいほう高原音楽祭』出演、長野テレビ『サウンドイン長野ジャズフェスティバル』WITH宮間利之とニューハードオーケストラ、YAMATO JAZZ '90 WITH園田憲一とデキシーキングス。1991年 新都庁オープン記念コンサート出演、中京テレビ『第2回日野皓正めいほう高原音楽祭』出演、TBSテレビ『ツムラサマージャズ』出演、YAMATO JAZZ '91 WITH 北村英治カルテット。1992年ヴァンメディア(ポリドール)レコードよりソロアルバム『三日月の深呼吸』発売、中京テレビ『第3回日野皓正めいほう高原音楽祭』出演。1993年 ニューヨークテレビ36チャンネル『テレソン』に出演 WITH ヨークタウンハイパンド、ニューヨーク メリーマウント大学留学、アン マレー、ジョン ヘンドリックスに師事。1994年 中国・台湾・香港 日本丸船上コンサート WITH 北村英治カルテット。1995年 『記憶の卵』CD制作。1996年『アジアンドリーム』CD制作。1997年『cordial』CD制作、『キューティーハニー リミックスバージョン』参加 コロムビアレコード。1998年『BackTalk』CD制作。2000年 ジャズコンサートin新潟 WITH 北村英治カルテット。2003年 東京ビジュアルアーツ総合音楽コースにてボーカルの講師を開始。2004年 日本工学院ミュージックカレッジ(蒲田校)にてボーカルコースでの講師を開始。

石松 満写真
講師
石松 満

<ヴォイトレ・ヴォーカル>
福岡県出身。国立音楽大学声楽科卒業。在学中、日生劇場主催による「若き日のハイデルベルグ」、帝国劇場主催による「とりかえばや物語」に出演。大学卒業後、二期会所属。「フィガロの結婚」に出演。東京室内歌劇場主催による「脳死を越えて」、「田舎の哲学者」に出演。横浜シティオペラ主催による「蝶々婦人」、長門美穂歌劇団によるオペラ「ベニスの恋」に各々出演。岡田音楽事務所によるオペラ「カルメンシータ」に出演。劇壇創演ではミュージカル「夢果てるとも」、「物言う樫の木」に出演。その他多数のコンサートに出演。その後、発声指導、歌唱指導に力を注ぐ。クラシック音楽にとどまらず、あらゆるジャンルの音楽指導を行っている。現在、二期会会員。

諏訪 有香写真
講師
諏訪 有香

<音楽理論・作曲>
ばょりん弾きsasuke。4月27日鹿児島生まれ。中学時代所属していたユースオーケストラの韓国演奏旅行に参加し自身初の海外で拍手喝采を浴び感動。以来音楽の勉強を始める。高校卒業後上京し、都内中心に演奏活動中。

福島 邦子写真
講師
福島 邦子

<作詞・作曲・ヴォイトレ・ヴォーカル>
1977年第14回YAMAHAポプコン入賞をきっかけに1978年FORLIFEレコードよりデビュー。
【CDリリース】
ボサノバ/ByeByeCity/夢をつなぐ時(2001年 NHKBS カナダ夢をつなぐ大 地テーマソング)/ 空 のコトバ(2005年 NHK BS乗りつくしの旅テーマソング)など12枚のシングルをリリース。I'mready/Classics/WEEK/旅のうた(2005年 NHKBS 列島縦断乗り尽くしの旅サウンドトラック)等10枚のアルバムをリリース。
【楽曲提供】
ザ・チェッカーズ/Anri/中森明菜/風見慎吾(涙のTake a chance他)/研 ナオコ(ボサノバ他)等多数のアーチストに曲を提供。また2006年 杉並区三谷小学校の歌を手がける。
【ライブ活動】
デビューから2000年まで渋谷ジャンジャンで定期的ライブを行いつつ、全国ホールツアー、ライブハウスツアーを行う。現 在は主に都 内を中心にライブ活 動を続けている。2002,2003年にはアメリカNYCでワンマン、チャリティなど3公演のコンサートを行う。

坂元 一明写真
講師
坂元 一明

<音楽理論・作曲>
作編曲家。高校時代よりバンドを始め、大学に入るとバンド活動と平行して音楽理論、作編曲を学び、自主制作を始める。大学卒業後、音楽学校にてピアノ、音楽理論を学ぶ。1997年よりダンスミュージックメーカーでアレンジャーとしてプロ活動を始める。レゲエ、ヒップホップ、ハウス、テクノ等を製作する。その後、作編曲家としてアイドルへの楽曲提供、ゲーム音楽、テレビ番組のBGM、DVD作品のテーマ曲等を製作する。また、アーティストの製作バックアップやレコーディングも手掛け、2000年には自己のアルバム「印象」、2005年には主催する製作集団blueにてアルバム「蒼」、マキシシングル「i/sachi」を発表する。2010年公開の映画「COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター」に音楽プロデューサーとして参加。50曲を超える楽曲を提供する。現在は制作活動と平行し、インストバンドmodern blue quintetにて都内ライブハウスでライブ活動を行う。

ダンス講師
ダンス講師
中村 隆彦写真
講師
中村 隆彦

<ダンス>
●コンテンポラリーダンス・ジャズダンス
コンテンポラリーダンスのベースに、IMAホール、青山円形劇場、東京新聞社などからの依頼作品、自主公演で作品を発表する。ミュージカル、オペラ、イベントの演出振付も多数。単にプロダンサーのダンステクニックを指導するのではなく、役者や歌手が人前にプロとして存在する方法論を指導。浜松アリーナ オープニングイベント創作オペラ「クリスタル」振付。埼玉芸術劇場・国際創作コンクール日本予選第1位、国際大会最優秀賞。ワールドカップ日本対ロシア戦イベント演出振付。愛知万博日本ガイシパビリオン振付。聖飢魔Ⅱライブのステージング。加古隆、小松亮太、貝山由紀、JINMOと共演。

POSA写真
講師
POSA

<ダンス>
●ストリートダンス・ジャズダンス・ウォーキング
長身を活かし、舞台、テレビ、イベント、ショーに出演多数。
【舞台】
新国立劇場 中村隆彦作品「みんな・・・何処に行進曲」、
【テレビ】
DHCからだのミカタ、
【イベント】
武富士ダンサー、
【振付、指導】劇団「東京乾電池」公演振付、たかの友梨エステティックシンデレラ ウォーキング・ポージング指導、ミス・インターナショナルジャパン ボディメイク講師。

斎藤 ひろみ写真
講師
斎藤 ひろみ

<ダンス>
●ストリートダンス・ウォーキング
イベント、ショーなどに出演、振付経験を生かし、ウォーキング・ポーズィングなどの技術と自己演出、自己アピール方法を指導。ストリートダンスをベースに国内外のイベントに出演。モデルとしても活躍。テレビ東京の「最高!ブギウギナイト」にもレギュラー出演。島崎ひとみバックダンサー。

土屋 志織写真
講師
土屋 志織

<ダンス>
●バレエ・コンテンポラリーダンス
バレエのバーレッスンを中心に、正しい姿勢、優雅な柔軟性のある身体を目指し実践的なレッスンを行います。IMA主催ホール公演、東京新聞社主催公演、新国立劇場公演の中村隆彦作品に主なパートで出演。その他、バレエ新作振付、テレビCM出演で活躍。

石田 顕司写真
講師
石田 顕司

<ダンス>
●ストリートダンス・ジャズダンス
B-TRIBE STREET DANCE CONTEST関東大会第1位、全国大会第1位。、BE-BAPをロンドンで研修。
【CM】
大塚製薬
【PV】
俵田真央。アコーディオン奏者coba公演「テクノキャバレー」、東京ドーム「X-TRIL JAM」 奥井戸美佳ライブ振付。日本科学未来館医療エリア展示映像モデル。TMS豊田合成ブース展示映像、ダンサー。コシノジュンコファッションショー モデル&ダンサー。川井郁子 コンサートツアー振付、ダンサー、宮本亜門演出オペラ「ラ・トラヴィアータ」ダンサー、ディズニーシーCM キャスト出演。、俵田真央PV出演。アコーディオン奏者coba演出公演「テクノキャバレー」、東京ドーム「X-TRAIL JAM」オープニング、奥戸井美佳ライブを振付。

長井 江里奈写真
講師
長井 江里奈

<ダンス>
●コンテンポラリーダンス
1999年〜2003年 伊藤キム+輝く未来に所属。国内での公演の他、フランス・ドイツ・オランダ・イギリス・デンマーク・アメリカ・カナダ等でのツアーにも参加。2000年より「まことクラブ」にて活動を開始。2005年 まことクラヴで「東京コンペダンスバザール大賞」を受賞。2005年Kim Young-hee(韓国)作品「Somewhere」(ソウル・東京)、2006年 Yuri Ng(香港)作品「Corpse de Ballet」(東京)など、海外の振付家の作品にも出演。日本を代表する舞台アーティスト。

渡部 あや写真
講師
渡部 あや

<ダンス>
●ジャズダンス・ストリートダンス・ウォーキング
【テレビ】
紅白歌合戦、思い出のメロディー 、歌謡コンサート、お笑い芸人歌がうまい王、ものまね紅白、エンタの神様。
【CM】
ANA、ダイエー。
【イベント】
アクアシティお台場スタジオSDMオープニングイベントダンサー 、モッズヘア夏は別ノリライブ、渋谷AX ダンサー/モデル、BZ ツアーダンサー、その他。松竹配給9月公開予定 映画「オトシモノ」青沼八重子役、あるある大事典再現モデル、そのほか、ブライダルモデル、スチールモデル など。

本田 さとみ写真
講師
本田 さとみ

<ダンス>
●ストリートダンス・ジャズダンス
ストリートダンスのイベントだけでなくコンテンポラリーダンス公演(IMAホール、新国立劇場)でも活躍。劇団印象派公演「刺青」等振付。

江村 苑子写真
講師
江村 苑子

<ダンス>
●ストリートダンス・ジャズダンス・ウォーキング
長身と華のあるダンスでイベント等で、超売れっ子ダンサー。椎名林檎のPVや、CEATEC JAPAN、東京モーターショー等出演。08〜09年ロンドン留学

古谷 幸子写真
講師
古谷 幸子

<ダンス>
●バレエ
クラシックバレエを幼少時より本田世津子に師事。財団法人 井上バレエ団所属。コンテンポラリーダンスを中村隆彦に師事。バレエ団公演、中村隆彦コンテンポラリーダンス公演等舞台で活躍中。

亜 季写真
講師
亜 季

<日本舞踊>
●日本舞踊
日本舞踊藤間流師範。代表作は「京鹿子娘道成寺」など。明治座にも出演。2002年まで、劇団民芸に所属。多数の舞台に出演。

大澤 遥香写真
講師
大澤 遥香

<ウォーキング>
女性誌「LUCi」や「FRaU」のビューティーモデル。京王プラザホテル・デサント・ティップネス・SUZUKIママワゴンのイメージキャラクター。パリコレEymericFrancoisショー出演。その他、2007年東京タワーイメージガール等

声優コース講師
声優コース講師
佐々木 優子写真
講師
佐々木 優子

<声優・俳優>
日本テレビ音楽学院(日本テレビエンタープライズ)演劇科・声優科で3年間学んだ後、(株)同人舎プロダクションに所属。声優として仕事を続けながら、関矢幸雄(素劇舎主宰)、デボラ・ディスノー(クレイン・リバー主宰)に師事し、舞台活動を続ける。1996年個人プロデュースによる「ブ・ブ・ブ・ブ・ブ・ブライダル!?)を作・企画・出演し、後に「WAKUプロデュース」の創立メンバーとなる。現在フリー。
【主な出演作品】
「ちびまる子ちゃん」おばあちゃん、長山くん役、「ネバーエンディング・ストーリー1,2」アトレーユ役、「アイズ・ワイド・シャット」ニコール・キッドマン役、「フルハウス」レベッカ役、「ハイ・クライムズ」アシュレイ・ジャッド役、「恋人たちの予感」メグ・ライアン役など。

相沢 恭子写真
講師
相沢 恭子

<声優>
円演劇研究所専攻科卒業。演劇集団本多スタジオ、劇団詩人会在籍後、フリー。舞台を中心にTV、ラジオなど出演。(文化放送番組アシスタント、TBSドラマ、千葉テレビ放送天気予報、スポットニュースなど)。各種ナレーション、CMスポット、ボイスオーバー、吹替えなど。各種MCも多数。1993年より、観世栄夫氏(能楽師および演出家)に師事。能を通して身体表現、言語表現を学んでいる。
【近年の舞台】
大塚萬シアター「風の行方」、世田谷パブリックシアター他「子午線の祀り」、杉並公会堂「いのちのたいせつ」他。
【吹替え】
「あなたにムチュー」、「セブンデイズⅢ」、「ロード・トゥ・ヘヴン」、「パルチザン」、「ユアーデッド」、「マルコム イン ザ ミドル」、「ハートビート」他。
【ボイスオーバー】
TVショッピング「レプレッス・グルメフード・スタイラー」、旅チャンネル「オリアナ号での航海」、「ホビークラフト」他。

塩塚 晃平写真
講師
塩塚 晃平

<俳優・声優>
東京農大在学中に劇団「桜丘社中」を結成し代表として、脚本、演出、出演を手がける。約10年の活動後、客演や脚本提供等に重点を置き、自劇団は解散。様々なユニット、プロデュース、劇団に参加し、舞台を中心に活動している。
【主な脚本提供(協力)】
ネルケプランニング制作「ピヴォガール」、ケイダッシュステージ制作「ダブルブッキング」(紀伊国屋劇場版)、雷電「雷電甲子園」、鈴置洋孝プロデュース最終公演「この素晴らしき世界」、鈴舟「オンリーユー」。
【主な演出】
一の会「スナフキャン」、モンキーワークス「真久部卓の生活」
【主な出演】
[TV]ひるドラ「オーバー30」、NHK-BS舞台「酒坊ちゃん」、日テレ「劇場中継」、[舞台]ラフカット′98「ハローグッバイ」(作・演出/高橋いさを)、鈴置洋孝プロデュース「誰かが誰かに恋してる」、劇団青年座制作「家を出た」、NAO-TA!プロデュース「REPLAY」、劇団道学先生「兄妹丼」、ちからわざ「ランプ」、劇団ゲキハロ「あたるも八卦!?」、散歩道楽「レモンスター」、鈴舟「オンリーユー」。
【声優として】
「名探偵モンク」「マイボスマイヒーロー」「パリの恋人」他、アニメ、ボイスオーバー、CM、ナレーション等多数